ブラックベリー・フール Blackberry fool
 2017.01.02 Mon
written by なあな♪
スノウ、シラバブ、トライフルなどとともに古くから英国で食べられているデザート。ベリー類をピュレ状にして、ホイップした砂糖入り生クリームと混ぜて冷やした冷製デザート(コールド・プディング)の一種。
フランス語のフールfoulé(押し潰した)が語源とされているが、実際にはフールの意味そのまま(お馬鹿さんでも作れるくらいに簡単)だったのに後付けでフランス語起源説が出てきたようだ。もともとはグーズベリー(セイヨウスグリ)を甘く煮て卵と混ぜてエルダーフラワー(ニワトコ)の風味を付けたもだったが、生クリームが加わり、卵が抜け、生クリームをホイップするようになって18世紀頃に現在のレシピになった。フルーツも、ルバーブやブラックベリーやラズベリーなどバリエーションが増えて、風味付けもバラ水やオレンジ水やヴァニラなど様々なものが使われるようになった(グーズベリーとエルダーフラワーは定番の組合せ)。
「とびきりおいしいデザート」(E.ジェンキンズ著)のブラックベリー・フールのレシピを参考にしている。1710年、1810年、1910年、2010年の四つの家族がそれぞれの時代のやり方でフールを作る様が描かれる絵本。道具や作る人が変わっても美味しさは変わらず(服装などは時代考証がなされているよう)、また「最後のお楽しみ」はいつの時代でも変わらないことを教えてくれる楽しい作品。
170102フールと本
21:14:45 | アメリカ・イギリス菓子 | comments(0)
お節盛り合わせ
 2017.01.01 Sun
written by なあな♪
170101お節
伊達巻、菊花聖護院蕪、芋キントン(栗無し、サツマイモを栗のように切って、クチナシではなく、サフランで煮ている)
バニラ黒豆、赤カブの酢バラ、くわい煮、金時人参のピクルス、チーズ田作り、柚子釜(イクラ)
11:30:48 | 和食 | comments(0)
HAPPY NEW YEAR 2017
 2017.01.01 Sun
written by なあな♪
17年賀
酉年なので、トキのつもり。丸型で焼いたフィナンシェをパートフィロで包み羽のように形を整えてからオーブンで焼いている。顔や口ばしはマジパンで作り、素麺で飾りつけ。水引をあしらった。
11:22:39 | 干支ケーキ | comments(0)
シュトレン 2016
 2016.12.25 Sun
written by なあな♪
いつものレシピ(高山厚子著『ウィーン菓子12カ月』)で。今年は、15本焼く。自家製ローマジパン入り。ピールは、実家産柚子で作った自家製。
161225シュトーレン
11:14:09 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
ヨウル・トルットゥ Joulutorttu
 2016.12.25 Sun
written by なあな♪
フィンランド菓子。ヨウル=ユール(冬至祭り、新年祭りでもある)、トルットゥ=タルト。プルーンのジャムをフィリングした星型のミニパイで、フィンランドのクリスマスに欠かせない定番の一品。
ユールはゲルマン系民族の冬至祭りのこと。キリスト教は、もともとあった冬至祭りにイエスの誕生日を当てはめて布教の一助としたが、北欧では今でもクリスマスはユールと呼ばれている。フィンランドのユールの食卓は、ローストハムなどの豚肉料理、根菜のラーティッコ(みじん切りにしたニンジンや蕪などのオーブン焼き)、リーシプーロ(甘いミルク粥)、そしてヨウル・トルットゥが並ぶのが典型的。
正方形のパイ生地の四隅に切れ込みを入れ、中央にプルーンジャムを乗せ、手裏剣状に生地を折りたたんで星型にして、艶出しの卵黄を塗ってオーブンで焼けば出来上がり。好みで粉砂糖を振っていただく。プルーンジャムを使うのが一般的だが、もちろんリンゴンベリーやブルーベリーやラズベリーなどの様々なベリー類のジャムで作ってみても美味しくいただける。コーヒーと一緒にどうぞ。
161225ヨウルトゥルトゥ
11:07:50 | その他菓子 | comments(0)
back | HOME | next

このブログをリンクに追加する