カボチャのエリッセリ&パコラ
 2008.09.09 Tue
written by なあな♪
カボチャのエリッセリ。(写真左)南インド・ケララ州の料理で、サディヤ(オーナムなどの宗教行事、新年祭、結婚出産祝いなどの特別行事の饗宴)によく登場するそう。伝統的には調理用バナナとヤムイモをココナッツミルクで煮込むのだが、カボチャでも作られる。
今回は、カボチャとリョクトウのダル(挽き割り豆)で作ってみた。本来はフレッシュココナツを削って使うが、乾燥ココナツフレークで代用。
サイコロ状に切ったカボチャをターメリックと一緒に茹で、別鍋で柔らかく煮た豆を加え、ココナツマサラペースト(ココナツフレーク、クミンシード、青唐辛子、玉葱をミキサーでペースト状に)を混ぜてさらに煮込み、テンパリング(マスタードシード、赤唐辛子、カレーリーフ、ココナツフレーク)して出来上がり。
ココナツミルクだと甘ったるくなるが、ココナツフレークを使うことで全体にすっきりとした味わいになり、カボチャの甘みが引き立つ。唐辛子を調節すれば、小さな子供でも食べられると思う。
インド風天ぷら、パコラ。(写真右)南インドではパコディと呼ばれる。
天麩羅との違いは衣の素材。小麦粉ではなく、ベサン粉(ヒヨコマメの粉)を使うので、カリっと香ばしく、独特の濃厚な風味が生まれる。
今回は、茄子、オクラ、玉葱(かき揚げ)、トマト使用。
080909エリッセリパコラ食卓
参照レシピ:「パコラ」→10分でできる南インド料理―インド大使館秘伝珠玉のカレーレシピ60
09:46:06 | インド料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

カボチャの角食パン| HOME | レンズ豆と蒸し鶏のカレー風味煮

このブログをリンクに追加する