カオ・マン・ガイ
 2008.05.11 Sun
written by なあな♪
カオ(ご飯)・マン(脂)・ガイ(鶏)。「こってり鶏飯」。
休日の朝食に、下の「カオ・モック・ガイ」、そして同日の夕食がこの料理!タイ料理デーだ!
シンガポールで海南島出身者が作ったとされる、「海南鶏飯」がルーツ。タイのカオ・マン・ガイ、ベトナムのコム・ガーなど、東南アジア全域で食べられているが、海南島には存在しないそう。
鶏肉は、東南アジア風の香味野菜(ニンニク・レモングラス・カー・パクチーの根など)と茹で、炒めたタイ米をその茹で汁で炊く。(美味しいチキンスープをお米が吸って、美味♪)
シンガポールでは3種類、タイでは1種類のソースを添える。今回は、タイ風にタオチオ(豆味噌)風味のソースを作る。タオチオの代わりに実家製の麹味噌を使い、ピキヌー・生姜・ニンニク・砂糖・レモン汁を混ぜた。余った鶏肉の茹で汁は、味を調えてねぎを散らして美味しいスープに。
080511カオ・マン・ガイ食卓

参照レシピ:BS1 アジアクロスロード 内「アジわいキッチン」
      『アジアのフランス料理 タイ料理の魅力』 暮しの設計 NO.226
16:46:33 | タイ料理 | comments(2)
comment

なぁな!
こりゃもうタイデビューするしかないで~^^
by: ゆき | 2008.05.16 23:52 | URL | edit

>ゆきちゃん
そうじゃな~~
しばらく行けそうにないけれど、いつかきっと!!
連休には、本場のタイ料理を堪能してきたのかな??
タイ料理って、夏が近づいてくるとより美味しく感じるね。
私も大好きなので、これからの季節いろいろ食べたいなぁと思います。



by: なあな | 2008.05.18 23:01 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

枇杷のタルト| HOME | カオ・モック・ガイ

このブログをリンクに追加する