ポンデケージョ
 2008.05.09 Fri
written by なあな♪
ブラジルの定番スナック。ポルトガル語でポン(パン)デ(~の)ケージョ(チーズ)、すなわち「チーズパン」。
パンといっても、小麦は使わず、全量キャッサバ粉(タピオカ粉)で作る。ブラジルでは各家庭で母から子へ味を伝える「お袋の味」だそうだが、近年は当地でも手軽に作れるミックス粉を利用することが多くなったとか。
チーズ(粉エダムチーズ)をたっぷり入れ、表面にもまぶして焼きあげているので、焦んがりとしたチーズの香りが食欲をそそる。黒胡椒を少し挽いて焼いたが、相性ぴったり。このスナックの特徴は、なんといっても食感だろう。外はサクッとしているが、タピオカ澱粉のお陰で、中はモッチモチ!!冷めたら、少しだけレンジで温めるとそのモチモチ感は変わらない。フランスの代表的なアミューズ「グジェール」(チーズ風味のシュー)とも似ているところがある。あとを引く美味しさ、おつまみとしてもぴったりでは?
080509ポンデケージョ

23:30:07 | エスニック菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

スノーボール・フレーズ| HOME | 焼き菓子ずらり!!

このブログをリンクに追加する