シュパーゲル・ミット・ゾーセ・ホランデーゼ
 2008.03.30 Sun
written by なあな♪
Spargel mit Sauce Hollandaise
春の西洋料理の定番、ホワイトアスパラガスのオランデーズソース。
アスパラガスが並ぶと、欧州では春の到来を感じる。昔は3月下旬が新年だった為、新年の訪れを告げる野菜でもある。紀元前後から食べていた記録があるそうだが、現在でも人気で、ドイツでは野菜の女王と呼ばれているのだとか。
佐賀産白アスパラが、安く売られていたので購入。
オランデーズはオランダ風という意味。今回は、卵黄に白ワインを加え、湯煎にかけながら泡立て、澄ましバター、最後にレモン汁を加えた。隠し味に、マスタードとカイエンヌペッパーを少々入れた。
ふんわりとムースのような優しい口当たりと味わいのソース。幾つかのレシピを参照したが、恐ろしいほどの量のバターを使うレシピが多く、我が家では量を減らして作ったが、コクは充分だった。
生のパンチェッタを添えて。
080330白アスパラオランデース

00:23:09 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(3)
comment

こういう凝ったソースを作ったり、ケーキやパンを焼くのって、科学の実験みたいというか、几帳面な人しか作れないよな~と感心してしまうんだけど。。。
なぁなに教えてもらって、スープとか作ったり自分的に色々頑張って作って「なかなか私もやるな~」と自画自賛(笑)してたけど、ホワイトアスパラのソースをこう作るとは、やはり素敵で、真似できないわ~
うちのパパも超感心してました♪
ここの記事じゃないけど、マカロンについては「マカロンって何?何?」と知りさえしていないことに私が反省・・・って感じだったんだよね^^
お恥ずかしい~
by: ゆき | 2008.04.12 12:50 | URL | edit

>ゆきちゃん
このソース、そんなに凝った作り方ではないのですよ。
多めにできたので、茹でジャガイモやその他の茹で野菜に
つけて食べても美味でした~~。
でも、これから頻繁に作るかしら?と考えるとビミョウかも…。
もしよかったら、いつか試してみてください。
ゆきちゃんも知ってのとおり、私はそんな几帳面ではないですよね。
でも、食べ物に対しては几帳面というより、食い意地がはっているので
一生懸命です。それに、専業だから…。
仕事をしていたら、きっと今ほど作る気にならないと思います。
いずれにせよ、これからもお互い、「食」を楽しみましょう!!
by: なあな | 2008.04.14 21:45 | URL | edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008.04.19 01:03 | | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

渦巻きいちごのショートケーキ| HOME | マクリエリ・バト・シューバ

このブログをリンクに追加する