フォルコーン・ブロート
 2008.02.06 Wed
written by なあな♪
フォルコーンは(全粒の)穀物という意味。ライサワー使用。ずっしりと重いブロート(1本あたり、約750g!)。
前種としてライ全粒粉(ライフレーク)と小麦全粒粉を使うレシピを、それぞれ少し減らして蕎麦の実を加えた。蕎麦(ブーフヴァイツェン)は穀物ではなく蓼科の草の実だが、ドイツや北欧でパンに使われる。
ライ麦が約7割のロッベンミッシュ・ブロートだが、比較的水分が多い配合で、きめは粗いがしっとりとして粘りがある。そのままでも美味しいが、穀物を粒のまま使うフォルコーン・ブロートは、薄く切ってトーストすると香りが際立つ。チーズやハムと好相性。
080206フォルコンブロート

参照レシピ:プロの技を家庭で生かす味わいのパン※ベッカライ・ブロートハイムのシェフ
※サワー初種
080202自家製ライサワー
00:31:28 | ドイツパン | comments(2)
comment

またまた、美味しいパンを有り難う。
嬉しくなりました。どれから食べよかな。
薄く切って頂くのが良いというので、包丁で
木を切るようにして、力がいりました。
お父さんが、鋸は引くときに力を入れると良いなんて言うものだから、結局お父さんに切ってもらいました。
ヨーグルトを作る途中、容器を振りすぎてチーズになってしまったので、それをつけていただきました。食べるのにも力を入れて噛みしめました。味があってお腹いっぱいになりました。
by: 母さん | 2008.02.12 15:52 | URL | edit

もう、食べきりましたか?
喜んでいただけ、作った甲斐があります。
このライ麦パンに、ヨーグルトチーズをあわせるのは、ナイスアイディア!です。
実際、本場でも似たような風味の「サワークリーム」を塗って食べたりするそうですから!
卵サンドの具をのせても美味しかったですよ。
またの便もお楽しみに!!
by: MUSUME | 2008.02.14 10:17 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ハルヴァ・ビル・ジブン| HOME | ガゼルの角

このブログをリンクに追加する