スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ペリメニ
 2016.12.11 Sun
written by なあな♪
ロシアの水餃子。ペリメニの語源はフィン・ウゴル系先住民のペリニャニ(耳のような小麦生地)とされており(テュルク系のペリマンという説もあり)、多数派のロシア人が食べるようになったのは16世紀頃と言われている。中国起源でモンゴルが広めたと主張する向きもあるが、最古の実物の出土は7世紀の中央アジア(テュルク系民族の故地)で、「麦粉の生地で何かを包む料理」に限ればメソポタミアで数千年の歴史がある。餃子はユーラシア大陸で広く見られるが、茹でる水餃子タイプの西端はドイツのマウルタッシェでイベリア半島では見掛けない。ロシアでの広まり方から見てもテュルク系の民族の食べ物だったのではないかと思う。
ロシア料理としてのペリメニは、挽肉に玉葱と塩胡椒を混ぜる程度のシンプルな餡を包み、熱湯やブイヨンで茹でる。甘い餡を詰めることはない。先住民はそのままか酢を掛けるが、ロシア人はバターやスメタナで食べるのを好む。
生地の一部にビーツを混ぜて、紅白のペリメニにしてみた。バターで揚げ焼きにすることもあるが、日本人にはその方が馴染みのある焼き餃子に近くなって、より美味しくいただけるかもしれない。
161211ペリメニサワー
10:59:50 | ロシア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ニプスン・パルハート・リハプッラ Nipsun Parhaat Lihapullat | HOME | 前菜

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。