ノルマ風パスタ Pasta alla Norma
 2016.08.21 Sun
written by なあな♪
シチリア島カターニアの郷土料理、揚げ茄子入りのトマトソースパスタ。ノルマは地名や人名ではなく、カターニア出身の大作曲家ベッリーニの代表作であるオペラ「ノルマ」に由来する。カターニア出身の映画監督ニノ・マルトーリオが、友人の姪に振舞われたパスタを絶賛して「これはまさにノルマ(のように完璧)だ!」と言ったことから、ノルマという名前でこの料理が広まったとされている。
パスタの種類はスパゲッティでもマカロニでもよい。細かく切った揚げ茄子を入れる他は基本のトマトソースで、そこに揚げ茄子を乗せ、リコッタ・サラータ(シチリア名産の「塩漬けリコッタ」)をたっぷりと散らせば出来上がり。リコッタ・サラータは手に入り難いので、リコッタ(カッテージでも)とパルメジャーノを混ぜることで代用で可。オリーブ油を吸った揚げ茄子とチーズのコクと旨味のおかげで、お肉が無くても満足感がある。
トマト、茄子、オリーブ油、リコッタ、バジルという組み合わせは、いかにも陽光降り注ぐ夏の南イタリアらしい感じがする。もちろん、日本の夏にもよく似合う、大変美味しいパスタ。
160821ノルマ風パスタ
(材料)
パスタ400g、茄子2本、オリーブ油大4、塩胡椒、ニンニク2片、ホールトマト缶500g、バジル葉12枚、リコッタ・サラータ200g
(作り方)
1.薄い輪切りにした茄子に塩をして休ませ、半分は細みじん切りにする(飾り用とソース用)
2.茄子を洗って水気をとり、オリーブ油で揚げる。
3.鍋にオリーブ油を熱しみじんニンニクを炒め、香りが出たらホールトマトを入れて煮込む。
4.細切りの茄子とみじん切りバジルを加えて更に煮込む。
5.茹でたパスタとすりおろしたリコッタ・サラータの一部を4に入れて混ぜ、お皿に盛る。
6.飾り用茄子を乗せ、残りのリコッタ・サラータとバジル葉を飾って出来上がり。
※お肉は入らない。玉葱は入れることも。
※トマトソースは一部とっておいてお皿に盛ったあとに上からかけていたりもする。

01:01:24 | イタリア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

サンセバスチャン| HOME | ピオ・ノーノ pionono

このブログをリンクに追加する