カルテ・グルケンズッペ Kalte Gurkensuppe
 2016.07.19 Tue
written by なあな♪
ドイツ圏の夏の新定番、胡瓜(グルケン)の冷製(カルテ)スープ。伝統料理ではなく、トルコ移民が食べているジャジュック(胡瓜とヨーグルトのスープ)がアレンジされて定着したもの。皮を剥いて薄切りにした胡瓜を茹でて(生の場合も)冷水でしめて水気を絞り、サワークリームや牛乳やヨーグルト等とブイヨンと一緒に軽くミキサーにかけたものを濾して(濾さないことも)出来上がり。
トルコのジャジュックは細切りにした生の胡瓜入りの「ヨーグルトスープ」(或いはディップとして前菜として食べる)だが、ドイツ版では乳製品で伸ばした「胡瓜スープ」になっている(東欧圏にもトルコ由来の同様のスープがある)。
胡瓜の輪切りやクルトンを浮かべたり、胡瓜だけでなくアボカドや玉葱などを足したりしても美味しくいただける。乳製品は入るが、さっぱりとした後味で、暑い夏の時期にピッタリの美味しいスープ。
160719グルケンズッペ
23:25:41 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

レアチーズケーキ| HOME | バナナのトルタ

このブログをリンクに追加する