チャー・カー Cha Ca
 2016.07.03 Sun
written by なあな♪
ベトナム風のさつま揚げ。北部ニャチャンの郷土料理として知られているが、現在では広い地域で食べられている。白身の海産魚が使われるが、特にサワラ(カー・トゥ)が好まれるようだ。大きめの小判型でつなぎを使わないのが基本。魚だけでも良いし、豚脂身を足すこともある。タイ風のさつま揚げ(トード・マン・プラー)はコブミカンの葉を加えるが、チャー・カーはディル。また、味付けもヌック・マムと塩胡椒が基本でカレーペーストもココナツミルクも入らないため、さっぱりとした仕上がりになる。おかずとして食べる他に、麺の具(ブン・チャー・カー)としても人気だそう。
尚、川魚のターメリック風味の炒め焼きがチャー・カーと呼ばれることもある。フランス統治時代に、独立の志を秘めて太公望(呂尚:ベトナム読みでラヴォン)の像を飾っていたお店の名物料理で、チャー・カー・ラヴォン(ラヴォン風チャー・カー)とも言う。
160703チャー・カー食卓
00:29:44 | ベトナム料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

バナナのトルタ| HOME | カイン・ヘン・ティラァ Canh hen thi la

このブログをリンクに追加する