ザレッティ Zaletti
 2016.04.21 Thu
written by なあな♪
ヴェネト州の郷土菓子、ポレンタ粉(コーンミール)のビスコッティ。ジャレッティ(黄色い小さなもの、ジャレットが黄色)のヴェネト方言で、表記は一定しておらずZalettiからLが抜けたりTが一つになったりする。
かつてイタリアの主食はパンでも勿論パスタでもなく麦粥(プルス)だったが、北イタリア山岳地帯は小麦の栽培に適さないため、黍や蕎麦や栗の粉のプルスだった。美味で生産性も高いトウコロコシが伝わると忽ち材料が置き換った。現在では麦粥はほとんど食べられなくなったが、トウモロコシ粉のプルスは生き残り、ポレンタ(トウモロコシ粉も、それを使った料理もポレンタ)となり、北イタリア料理の付け合せとしてお馴染み。ザレッティはそのお菓子版。
材料は小麦粉とポレンタ粉が半々で、卵黄と砂糖を加え、レーズンと松の実を混ぜてレモン風味になっていることが多い。名前だけでなく形も様々で、円形、四角形、楕円形、菱形、S字形のザレッティが店頭に並ぶ。ポレンタ粉が入るのでサクサクというよりザラっとした独特の食感になる。現地ではかなり甘いことが多いようだが、砂糖の量を調節すればかなり美味しいビスコッティになる。
160421ザレッティ
00:55:45 | イタリア菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ホレシュ・テ・マスト| HOME | 鶏肉の黒米詰めロースト

このブログをリンクに追加する