スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ヴェルツ・フライシュ Wurzfleisch
 2016.02.16 Tue
written by なあな♪
旧東独料理、茹でた豚肉又は鶏肉のスープグラタン。共産時代の国営食堂(ハーオー・ガストシュテッテHO-Gaststaette)の定番メニューとして有名で、レトルト商品もあり、庶民的なイメージの強い一品。
茹でた細切り豚肉又は鶏肉と炒めた玉葱とマッシュルームを、ブイヨン・白ワイン・レモン汁で煮込む。バター・ルーでとろみを付けてココットに注ぎ、ゴーダなどのチーズを振ってオーブンで焼けば出来上がり。トーストとレモンを添えていただく。お肉は油を使わずに茹で、乳製品はバターだけで牛乳もクリームも使わず、適度なレモンの酸味が利いた爽やかな味わいで、季節を問わずにいただける。
日本ではほとんど紹介されていないと思われるが、ドイツ風の肉入りオニオングラタンスープ、と言えなくもない。レパートリーに加えておいて絶対に損のない、「隠し玉」のような美味しいスープ。
160216ウェルシュ・フライシュ
11:32:26 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

スマイルクッキー| HOME | イチリ・キョフテ içli Köfte

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。