カプネット Capunet、Caponetti
 2016.01.28 Thu
written by なあな♪
ピエモンテ風ロールキャベツ。ピエディ・ディ・モンティ(山の脚=山の麓)を語源とするピエモンテ州はアルプスの南西部に位置するトリノを中心とする地域で、「山」のイメージが強い地域。概ねサヴォイア家の支配地域に重なり、食文化にもフランスの影響が色濃く感じられる。個性的な料理がたくさんあるが、カプネットはピエモンテ料理でもやや知名度が低いかもしれない。
ミンチ状にした様々な豚肉(サルシッチャ、プロシュット等を加える)を、卵とパン粉又はお米をつなぎにして、チリメンキャベツで巻いて、バターとオリーブ油で焼き目をつけ、オーブン焼きにする。ハム、ベーコン、ソーセージ等が加わるため、深みのある味わいを楽しめる。野菜は玉葱や根セロリを少々加えるくらいなので、食べ応えのある「肉々しい」ロールキャベツ。
160128カプネットカット
12:58:27 | イタリア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

黒糖のスフレ| HOME | イシュケンベ・チョルバス Iskembe Corbasi

このブログをリンクに追加する