シュバイネハクセ Schweinshaxe
 2015.08.22 Sat
written by なあな♪
バイエルン料理、骨付き豚脛肉(アイスバイン)のロースト。日本では骨付き豚脛肉を使ったドイツ料理というと、塩漬けにしたアイスバインを茹でるドイツ北部のアイスバイン(部位名でもあり料理名でもある)の方が有名。
シュバインは「豚」・ハクセは「動物の脛(及び脛肉)」だが、、アイスバインとは??アイスは「氷」・バインは「足(人も家具も)」なので、「昔はスケートの刃に動物の足の骨を使っていたから」という俗説が生まれた。実際には、古ドイツ語のisben(腰骨)が語源のようだ。時代を下るにしたがい、腰から下の骨付き肉を指すようになり、更に骨付き脛肉を指すように変化したと言われている。
塩とパプリカ粉を摩り込んで一晩寝かせたアイスバインに焼き色を付け、肉を取り出して同じフライパンで香味野菜を炒める。耐熱皿に肉と野菜と水を入れ、オーブンでビールを掛けながら焼きあげる。野菜と焼き汁を濾して、半分くらいに煮詰めて塩胡椒で味を調え、とろみを付けてソースにする。ザウアークラウト、バイエリッシュクラウト(ザウアークラウトとベーコンを炒める)、ジャガイモ、ピクルスなどを添えていただく。脛肉は脂肪分が比較的少なく、蒸し焼きにしているので意外としつこさを感じない。香ばしく焼きあがった豚肉の旨味を存分に味わえる一品。アイスバイン(料理)よりも手軽に作ることがでるのも嬉しい。
150822シュバイネハクセ
23:47:50 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

巨峰のタルト| HOME | コテージ・パイ Cottage Pie

このブログをリンクに追加する