スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ガスパチョ
 2015.08.10 Mon
written by なあな♪
スペイン南部アンダルシア地方の代表的な料理の一つで、料理としてはかなりの変遷を経ているが、現在ではトマトを主体とした冷たい野菜のスープを指すことが多い。
イベリア半島の料理はムスリムが支配していた時代に起源を持つことが多いが(アンダルシアもアラブ語のアル・アンダルス=ムスリム進出以前に支配していたヴァンダル人の土地、という意味)、ガスパチョは異説が多い。ローマ時代のパン入りスープが元祖とする説(ラテン語のカスパ(かけら)が語源とする)、中世ユダヤ人のパン入りスープが元祖とする説(ヘブライ語のガザス(ちぎる)が語源とする)などがある。いずれにせよ19世紀にトマトが入るようになって別物になった。トマトなどの野菜、固くなったパン、ヴィネガー・オリーブ油・ニンニクを混ぜ合わせて擂り潰せば出来上がり。暑い時期に最適の、爽やかな野菜スープ。
150810ガスパチョ
01:01:37 | スペイン料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ビーフ・コブラー Beef cobbler | HOME | オラータ・アッラクア・パッツァ Orata all’acqua pazza

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。