ヴァンギ・バート
 2015.04.17 Fri
written by なあな♪
インドの南方を中心に広い範囲で食べられている茄子のスパイシー混ぜご飯。ヴァンギ・バートは西インド・マラーティー語の表記で、タミル語ではカットリカ・サダムとなる。
日本ではインド料理というと北方のムスリムの食文化だったナンが代名詞のようになっているが、インド全体の平均では小麦よりも米をよく食べる。白飯で食べることもあるが、ビリヤニ、プラオなどをはじめとした混ぜご飯の方が一般的で、ヴァンギ・バートはそんなバラエティ豊かなインドの混ぜご飯の一種。
予め炊いておいた長粒米に、スパイス類で炒めた茄子を加えて混ぜるのが基本形。豆(今回はカシューナッツ使用)、削りココナツ(生のココナツ果肉を削った)を加えることも多い。適度に油を吸った茄子のコクが加わり、ボリューム感がある。辛味は青唐辛子程度でマイルドで、手軽に作れて食べ易い、おすすめの混ぜご飯。
150417ヴァンギ・バート
23:40:42 | インド料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

チョコバナナシフォンケーキ| HOME | ロミアス Romias

このブログをリンクに追加する