ユールカーゲ Julekage(デンマーク)、Julekake(ノルウェーなど)
 2014.12.21 Sun
written by なあな♪
ユールカーゲ(Julekage)はデンマークでクリスマス時期に食べられている菓子パン。スカンジナビアではユールカーケ(Julukake)になる。ドライフルーツ入りのリッチな生地のパンをアイシング等で飾ったもの。欧州各国で同様のクリスマス用菓子パンがある。例えば日本でも定着した感のあるシュトーレンとユールカーゲを比べると、基本の生地は同じで仕上げにバターを塗って粉砂糖をまぶす代わりにアイシングをしたもの、とも言える。シュトーレンは形が特徴的だが、ユールカーゲには決まった形がないようだ。円形、長方形、三つ編み、シュトーレンと同形の場合もある。赤・緑・黄と色とりどりのドライフルーツで飾ることが多い。「ユール」はクリスマスとほぼ同義で使われているが、本来は冬至のことで、寒く長い冬を過ごす北欧では太陽が「復活」に転じる冬至を祝っていたのを、キリスト教勢力が後付けで教祖の誕生日に当てたもの。
お味の方は、欧州各地で古くから同様のものが食べられているだけあって、安心していただける定番の美味しさ。目先を変えたクリスマス菓子をいただきたい場合におすすめしたい。
141221ユールカーゲ
121221ユールカーゲカット
00:01:41 | その他菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ヘクセンハウス 2014| HOME | オーナメントクッキー

このブログをリンクに追加する