ボクスティ Boxty
 2014.09.08 Mon
written by なあな♪
アイルランド風のポテト・パンケーキ。アイルランドは伝統的に(といっても18世紀以降だが)ジャガイモ好きで知られており(※)様々なジャガイモ料理があるが、ボクスティはその中でも主食のような扱い。ジャガイモの半量は生のまま摩り下ろして、半量の茹でたジャガイモに加え、小麦粉、牛乳、バターを混ぜた生地を、グリドルと呼ばれる鉄板で獣脂をひいて焼きあげる。アイルランド語では「bacstai」、bocht(貧しい)が語源と言われる「貧者のパン」。
英国は各地にフル・ブレックファスト(豪華な朝食セット)があるが、アイリッシュ・ブレックファストの中でも特にボリューミーなことで知られている、アルスター・フライと呼ばれる朝食セットに欠かせない一品。アルスター・フライはボクスティの他に、たっぷりのベーコン・目玉焼きは2個・大きなソーセージを組み合わせるのが典型例。写真のものは、ハーフサイズ相当。さすがに朝だけではなく一日中注文可能のことが多いよう。同様のポテト・パンケーキは大陸欧州でも見られるが、生のジャガイモを加えることでモチモチとした食感が楽しめる。決してお腹を膨らませるだけが能ではない、お味の方も十分に満足できる一品。
※アイルランドのジャガイモ消費量は年々減少している。かつては世界3番目くらいが定位置だったが、供給量(kcal/日)は50年間で3割以上減り、2011年は世界16位(世界一のジャガイモ喰いは、かつてはポーランドで現在はベラルーシ)。
140908ボクスティ
01:35:02 | イギリス料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ノンオイル・ノンシュガーのクグロフ| HOME | レモンメレンゲパイ Lemon Meringue Pie

このブログをリンクに追加する