パテ・ロラン Pate Lorrain
 2014.07.20 Sun
written by なあな♪
ロレーヌ地方の郷土料理、ロレーヌ風パテ。賽の目切りにした牛肉と豚肉をワインとハーブ(パセリ、シャロット、タイム・ベイリーフ)で一晩マリネしてパイ生地で包み、葉脈の切り込みを入れて焼いたもの。14世紀の伝説の料理人ギヨーム・ティレルの著書「ル・ヴィアンディエ」にも記載のある、歴史あるお料理。ロレーヌ地方の有名料理キッシュ・ロレーヌとともに菓子店で売られている。キッシュ・ロレーヌは、昔は使われていなかったチーズが加わるというような変化があったが、パテ・ロランは伝統的なスタイルが比較的保たれているのが特徴。素材も外観もシンプルだが、想像以上に美味しくいただける。日本人の感覚では立派な主だが、キッシュ・ロレーヌと同様に前菜としていただくもの。お肉のパイのバリエーションの一つとして、覚えておいて損はない一品だと思う。
今回は、友人がご主人(フランスの方)のおばあちゃまから教わったというレシピで作成。表面の飾り、間違えて格子にしてしまった。
140720パテ・ロラン
140720パテ・ロランカット
22:37:40 | フランス料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ブレッド&バター・プディング Bread & Butter pudding| HOME | ビワのシュトロイゼル・クーヘン

このブログをリンクに追加する