セイボリー・スコーン Savoury scones
 2014.02.28 Fri
written by なあな♪
スコットランド発祥とされるスコーンは、英国全土のみならず英連邦を中心とした広い地域で食べることができる。スコーンは味も形も様々なバリエーションがあるが、セイボリー・スコーンは軽食用のスコーン。セイボリーは風味が良いという意味で、特に塩味やスパイスの効いている味に使う(甘い味の場合には使わない)。チーズを入れることが多いので、チーズ・スコーンとも呼ばれる。チーズはチェダーやランカシャーが一般的で、他にはベーコンや玉葱、リーキ、シャロット、葉玉葱の葉、ハーブ類くらい(写真のものは、トマト、玉葱、チーズ、パセリを使用)。生地をジャガイモで作ることもある。
昔はシンプルな「おばあちゃんの味」だったフランスのケーク・サレは、近年バラエティ豊かに発展しているが、セイボリー・スコーンはまだまだ素朴な姿を残している。お肉料理の付け合せとしても使える。
140228セイボリースコーン
※参照レシピ:お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさ
23:40:09 | アメリカ・イギリス菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

レアビット・スコーン Rarebit Scones | HOME | ティグレ Tigres

このブログをリンクに追加する