ロック・ケーキ Rock Cakes
 2014.02.22 Sat
written by なあな♪
ドライフルーツ入りの英国菓子。ハリー・ポッター・シリーズの森番ハグリッドの十八番で、1巻でハリーが初めて小屋に行った時に出したり、4巻で夏休み中のハリーにふくろう便で送ったりしている。物語の中では岩のように「固い」ケーキとしてハリーたちに恐れられていたが、もちろんこれは駄洒落で、本来のロック・ケーキは外観が岩のように「見える」ことから名付けられたもので外はサクサク、中はしっとりした食感。
伝統菓子ではなく、第二次大戦中の食料不足のため、小麦粉・砂糖・卵・バターを等量使うパウンドケーキから砂糖・卵・バターを半分程度に減らして作ったところから生まれたと言われている。特に地域性はない。生地を落として成型せずに作るのでゴツゴツとした外観。口に入れるとホロッと崩れながら甘酸っぱいフルーツの香りが広がる。素朴ながら安心した美味しさを楽しめる、英国菓子らしい一品。
140222ロック・ケーキ
23:18:30 | アメリカ・イギリス菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ウェルシュ・ケーキ Welsh cakes | HOME | ヘリング・イン・オーツ Herring in oats

このブログをリンクに追加する