バーミヤ
 2013.09.16 Mon
written by なあな♪
アラブ料理、バーミヤ(オクラ)のトマト煮込み。白ナイル流域原産のオクラは熱帯地方ではお馴染みの野菜だが、本邦に入ってきたのは明治頃(ちなみにオクラは英名で和名は「アメリカネリ」)。
生で出回る時期が短いが、乾燥させて一年中食べられている。中でもオクラのトマト煮込みが代表的。アフリカやアラブでは素揚げにしてから煮込むが、トルコでは茹でてから煮込むことが多い。肉類や豆類を加えることも多く、伝統的には羊肉だが近年は鶏肉が増えた。今回は、素揚げにするアラブ風で、お肉は挽肉を使用。いずれにせよオクラはクタクタになるまで煮込む。
みじん玉葱と挽肉にスパイス(クミン粉・コリアンダー粉)を加えて炒め、たっぷりのトマトピュレで素揚げしたオクラを煮込んでいる。旨味を十分に吸ったオクラはご飯がすすむ(現地でもライスに合わせるお料理)。
130916バーミヤ
11:29:11 | その他アラブ料理・菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ベサン・ラッドゥ Besan Laddu(Ladoo)| HOME | ヒュンケル・ベエンディ Hunkar Begendi

このブログをリンクに追加する