タジン・ジェルバーナ・ベル・ケフタ Tajine Jelbana bel Kefta
 2013.05.29 Wed
written by なあな♪
モロッコ料理、ハーブ(香菜・イタイアンパセリ)入り挽肉団子(ケフタ)とグリーンピース(ジェルバーナ)の煮込み。「家庭で楽しむモロッコ料理」(小川歩美著)を参考にした。
豌豆はレンズ豆とともに麦畑に生える雑草を食用及び肥料のために栽培化したもので、古代オリエントでは欠かせない食物のひとつだった。現代のモロッコでもタジンやスープの食材としてお馴染み。
トマト風味の普通のケフタ・タジン(ムカウラMkauara)にグリーンピースを足すだけというレシピが多いが、本書はトマトを入れずに香菜をブーケガルニに使ってオリーズ油を加えるのが特徴で、透明感のある緑色のスープになる。肉団子に香菜やイタリアンパセリを入れるのは現地では一般的な方法。ハーブ独特の臭みは肉の臭みと打ち消し合い、気にならない。爽やかな見た目と味が楽しめるおすすめのレシピ。
130529ジェルバーナ・ケフタ
23:52:50 | モロッコ料理・菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

羊と豌豆のタジン| HOME | サラータ・フアル Salata Ful

このブログをリンクに追加する