エンパナーダ・ガレガ Empanada gallega
 2013.03.29 Fri
written by なあな♪
スペイン料理、ガリシア風(ガレガ)のエンパナーダ(パン包み)。ガリシア風パイと表記されることも多いが、エンパナーダは語源のエンパナルEmpanar=パンで包むが示す通りパイではなくイースト生地で包むのが特徴。
スペイン北西部ガリシア地方はポルトガルの北に位置する。聖ヤコブの遺骸があるという触れ込みで巡礼地となったサンティアゴ・デ・コンポステラの大聖堂にもエンパナーダを食べる巡礼者の彫刻があるそう。
「家庭で作れるスペイン料理」(丸山久美著)のレシピを参考にした。イースト生地に白ワインとパプリカ粉を使うのが特徴的なレシピで、パプリカ粉は新大陸で混ぜられるようになった調理法が逆輸入されたもの。フィリングはタラやマグロやイワシなどの魚介が一般的で、玉葱やレーズンと一緒に炒める。玉葱の甘味、白ワイン(シェリー酒にした)の風味、レーズンの甘酸っぱさが混然一体となった美味しい料理。
130329エンパナーダ
23:26:47 | スペイン料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ケーク・オ・マロン| HOME | クロケータス・デ・ハモンCroquetas de Jamon

このブログをリンクに追加する