カルヤラン・ピーラッカ Karjalanpiirakka
 2013.03.20 Wed
written by なあな♪
フィンランド料理、カレリア風のパイ。ライ麦主体のパイ生地でミルク粥を独特の形に包んで焼き、牛乳バターで浸した食事パイ(甘味料は入らない)。ムナヴォイ(茹で卵とバターを混ぜたもの)を乗せていただく。
伝統的にはライ麦・大麦・燕麦などのお粥を詰めていたが、19世紀以降にジャガイモやお米を使うようになり、現在では米粥が一般的。フィンランド全域のみならずエストニアでも食べられている。牛乳バターに浸すので香ばしく焼き上がったパイ生地は程良い柔らかさになっている。寒い地方の料理らしく、乳製品たっぷりの高エネルギー食だが、濃厚ながらもついつい手が出てしまう美味しいパイ。
カレリアはフィンランドとロシアにまたがる湖水地方で、フィン人発祥の地という伝説が国民的叙事詩「カレワラ」で語られる。カレリアはロシア語表記だが(フィンランド語ではカルヤラ)、フィンランド政府観光庁もカルヤラではなくカレリアとしている。
130320カルヤラン・ピーラッカ
00:23:44 | 北欧料理 | comments(4)
comment

りょうだよ!
美味しそうだなぁ、ぼくも食べたいな~♪
最近お箸を使うようになったんだ!にぎってるけどね☆今度見せてあげる!
by: ☆りょ☆ | 2013.04.16 14:39 | URL | edit

これフィンランド発祥のものだったんですね!
以前紀伊國屋のベーカリーでこれが売っていて買って食べたらとても美味しくって、その後何度かお店に買い求めに行ったのですが売り切れなのか販売中止なのかその後見かけなくなりました。
そして本場ではゆで卵をトッピングしていただくんですね。

なんでも作れちゃうなあなさん本当に凄いな~、尊敬しちゃいます。
by: タルトタタン | 2013.04.16 22:08 | URL | edit

☆りょ☆くん
お箸使うようになったんだ!すごいなぁ。さすがぁ!お兄ちゃんだものね!
うちは、まだ補助付き。時々外してるけど、旨く出来ないとすぐに付けてるよ。
このパン、我が家の女王様はお気に召さず、大人だけでいただきました!
また何か美味しそうなもの作ったら、お届けするね!
by: なあな♪ | 2013.05.15 23:11 | URL | edit

★タルトタタン さん
紀ノ国屋でも売られていたんですね。私は、今回初めて食べたのですが、どこかお店で売っているところがあれば、食べてみたいです。
「卵バター」や「カッテージチーズ卵バター」などをトッピングするようです。
卵バターは、刻んだ茹で卵と柔らかくしたバターを混ぜたものなのですが、マヨネーズ卵とはまた違った美味しさがあり、かなり気に入りました。これをサンドイッチの具にしても美味しいと思います。

by: なあな♪ | 2013.05.15 23:19 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

抹茶マドレーヌ| HOME | フラメンキン Flamenquin

このブログをリンクに追加する