スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ブラットヘリング Brathering
 2013.02.04 Mon
written by なあな♪
ドイツ料理、揚げ鰊のマリネ。肉食が基本の食文化の中で、鰊(タイセイヨウニシン)はドイツを始め欧州で好まれる代表的な魚種のひとつ。かつては謝肉祭から復活祭までの断食期間によく食べられる食材だった。
塩胡椒して小麦粉をまぶした鰊を揚げ、玉葱と一緒にマリネ液(白ワインヴィネガー・水・スパイス&ハーブ・塩・砂糖)に浸して冷蔵庫で寝かせ、最低ひと晩、通常3日間マリネしてからいただく。鰊の頭と内臓と中骨は取るが、身を切り分けないで供するのが欧州流。玉葱は必ず輪切りで、スパイスは黒胡椒・ジェニパーベリー・粒マスタードあたり。付け合わせはブラットカルトッフェル(所謂ジャーマンポテト)やピクルスが定番。
ビールのつまみとしてお馴染みだが、程良い酸味の中に旨味が凝縮された鰊はメインとしても十分に使える。尚、何故か日本では「ベルリン風鰊のマリネ」としてメニューに載っていることが多いのだが、別にベルリン料理という訳ではないようだ。
130204ブラットヘリング
01:01:19 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

エッグ・ベネディクト| HOME | フィレ・ド・ラスキャス・オゥ・サフラン Filets de rascasse au safran

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。