スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ルッセカッテ(ルッセブッラ) lussekatter(lussebullar)
 2012.12.09 Sun
written by なあな♪
渦巻き模様を組み合わせてレーズンを飾る、スウェーデンのサフラン風味の菓子パン。ルッセは聖ルチア、カッテは猫、ブッラは英語のボールです(小さく丸い菓子パンをブッラと呼ぶ)。
旧グレゴリオ暦の冬至(新暦の12/13)を祝う供物。長い夜が短くなり始める冬至は光の復活を祝う重要な祭りで、贅沢と光の象徴たるサフラン色のロールパンは遅くとも16世紀には食べられていたそう。18世紀に聖ルチア信仰と結びつけられた。ナポリ民謡サンタルチアで知られる聖ルチアはラテン語の光が語源。盲目の聖人でもあり、光の復活にふさわしいとして冬至に当てはめたと言われている。ちなみにキリスト教勢力は夏至祭りには聖ヨハネをぶつけている。ルッセカッテのカッテ(猫)はレーズンが瞳に見える外観からの後付けだが、悪魔ルシファーは猫の姿でやってくるというイメージとも重なるのかもしれない。
クロシン色素由来の明燈色が印象的なリッチな生地からは、炊きたてのご飯にも似たサフラナールの芳香が立ち昇り、見た目も面白いがお味の方も間違いのない、優れ物の菓子パン。
121209ルッセカッテ
01:01:40 | 北欧料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

クリスマスパンリース| HOME | 柿ケーキ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。