パイ&マッシュ Pie&Mash
 2012.11.28 Wed
written by なあな♪
ロンドン・イーストエンドの港湾労働者向けの庶民的料理。牛挽肉のミートパイにリカーと呼ばれるパセリソースをかけ、マッシュポテトを添えたものだが、本来はウナギのパイだった。
ロンドンでは古くからテムズ川のウナギを食べていた。産業革命でテムズ川の物流が盛んになると、港湾労働者向けの飯場で安価なウナギを使った独特の料理を出すようになり、専門店も生まれた。18世紀には川の汚染でウナギが獲れなくなりオランダやアイルランドから輸入されるようになったが、19世紀後半~20世紀前半までイーストエンド界隈には「パイ&マッシュ」という専門店がたくさん存在していた。ウナギのゼリー寄せ、ウナギのシチュー、ウナギのパイの三つが定番メニュー。お肉の代用品なのでシチューやパイには肉汁だけ加えていたが、戦後は肉よりウナギの方が高価になったためウナギパイがミートパイに変わった。
楕円形の専用型で作られるが、今回は円形型で作った。マッシュポテトを添えていただく。パセリの風味が香るとろみのあるリカーソースはミートパイと相性抜群で、他のお料理にも使えるお薦めのソース。
121128パイマッシュ
22:59:23 | イギリス料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

バナナチーズタルト| HOME | グヤーシュ

このブログをリンクに追加する