クラフティー
 2012.06.13 Wed
written by なあな♪
クラフティと言えばリムーザン地方の郷土菓子。頑固なリムーザンの人々に言わせれば、リムーザン産のブラックチェリーを種ごと使ったものだけが「クラフティ」で、他の果物を使うものは「フロニャルド」(方言)なのだどか。残念ながら彼らの主張は、シャンパーニュ地方の発泡酒などと異なり法律上はもちろん社会的にも認知されておらず、卵・牛乳・砂糖でプリン状やクレープ状にした生地に果物を加えたものは、果物の種類を問わず自由に「〇〇のクラフティ」と呼ばれている。
生地の方も「これがクラフティ」とはっきりしたレシピがあるわけではない。薄力粉を使った厚焼きクレープのような生地を、タルトなどの土台無しで直接器に流し入れて焼くことが多いようだが、定義は暖味で、お店毎の個性差の方が大きいように思う。
今回は、実家産サクランボを種を抜かずたっぷりと使用。シンプルで素朴なデザートだが、子供から大人までとても美味しく頂ける。
120613クラフティ
120613クラフティカット
00:32:10 | フランス菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ピサラディエール Pissaladiere | HOME | キルシュトルテ

このブログをリンクに追加する