スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ラタトゥイユ
 2012.06.02 Sat
written by なあな♪
南仏プロヴァンス料理として知られる、野菜類のオリーブ油炒め煮。南仏方言ではラタ・トーラ(Rata tohla、ラタはごった煮、トーラは英語のトスに相当)。野菜を鍋に放り込んで煮込んだというニュアンス。伝統料理と紹介されることがあるが、19世紀末の1120種のプロヴァンス料理のレシピを集めた大著「プロヴァンス料理」(J.B.ルブールJean-Baptiste Reboul)には驚くことに載っていない。カタルーニャではそれ以前からサンファイナ(英語のシンフォニーに相当)という同様の料理が食べられており、サンファイナが20世紀以降にプロヴァンスに伝わったようだ。もとは農家であり合わせの野菜を炒め合わせたものだろう。
使う野菜は一応自由だが、ズッキーニは必須のようだ。茄子、トマト、南瓜、玉葱、パプリカを入れることが多く、味付けは塩胡椒とニンニク程度で、オリーブ油で炒め合わせるだけのシンプルな料理。
混同されがちだが、イタリアのカポナータとは明確に区別できる。カポナータはセロリが必須でズッキーニは使わない。素揚げにした野菜を、トマトソースに絡めて作り、酸味を加える(ケイパーが必須)ことも特徴。
オリーブの香りに包まれた各素材の味が程良く混ざり合い、野菜をたくさん食べることができる。トルコ料理のゼンティンヤールのミックス版とも言えそう。単品としても付け合わせにも使える、美味しい地中海料理。温かくても冷たくても美味しい。
120602ラタトゥイユ
00:38:40 | フランス料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

フォカッチャ| HOME | ボッリート・ミスト・コン・サルサ・ヴェルデ Bollito misto con salsa verde

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。