スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ボッリート・ミスト・コン・サルサ・ヴェルデ Bollito misto con salsa verde
 2012.05.28 Mon
written by なあな♪
イタリア料理、茹で肉の盛合せグリーンソース添え。現在はあちこちで食べられているが、元々はピエモンテ料理(ピエモンテでは「グラン・ボッリート・ミスト・ピエモンテーゼ」と称して元祖を主張している)。
伝統的には様々な部位の牛肉、特に内臓や頭・脛・尾などの「残り物」を混ぜて茹でた料理だが、後付けで「7つの部位と7種の野菜と7種のソースで食べるのが正式だ!」などと大げさに言われるようになった。お店によりバリエーションは豊富で、牛肉以外のお肉を混ぜ込むことも多い。豚肉、鶏肉、またソーセージや肉団子などが入ることもある。今回は豚肩肉と牛バラ肉の2種類だけで作った。
ソースは、ヴェルデverde(パセリの緑)、ロッサrossa(トマトの赤)、ジアッラgialla(マスタードの黄)、ビアンカbianca(ホースラディッシュとサワークリームの白)の他、ピエモンテ名物のアヴィーエavije(蜂蜜、胡桃、マスタードの甘辛ソース)、クーニャcogna(果物と蜂蜜を煮詰めた黒っぽいジャム)などが添えられる。もっとも代表的なサルサ・ヴェルデを添えた。イタリアンパセリがメインで、オリーブ油・ヴィネガー・ニンニクを混ぜてペーストにしたもの(パン粉、ケイパー、アンチョビ、ゆで卵の黄身を加えている)。サラダやパスタにも使える便利なおすすめソース。
120528サルサ・ヴェルデ
00:34:35 | イタリア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ラタトゥイユ| HOME | プティポワ・オゥ・ザスペルジュ Petits pois aux asperges

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。