ヨークシャー・プディング
 2012.04.12 Thu
written by なあな♪
イギリス料理、甘くないシュークリームの皮のようなプディング。ローストビーフの付け合わせの定番として有名だが、シチューの容器にしたりソーセージを埋め込んで焼いたりもする(トード・イン・ザ・ホール:穴の中の蛙)。
もともとは肉を焼く際に滴り落ちる肉汁を小麦生地に吸わせながら一緒に焼いたもので、ドリッピング・プディングと呼ばれていた。付け合わせ用にはマフィン型で焼くことが多いが、大きな耐熱容器で焼いて切り分けても構わない。もっちりとした食感のプディング自体はシンプルな味わいなので、美味しいローストビーフに合わせたい。(今回、頂き物の立派な美味しいローストビーフに添えた)濃厚なスープやソースをよく吸ってくれるので、なるほどシチューの容器にも使える。
120412アップローストビーフヨークシャープディング
120412ヨークシャープディング
01:00:59 | イギリス料理 | comments(2)
comment

わぁー ヨークシャープディング!!
すごくいい焼き色です!!
なんてことのないシュー生地ですが、グレービィーとの相性がいいですよね。
とても美味しそうなサンデーローストですね。


by: タルトタタン | 2012.05.16 16:20 | URL | edit

★タルトタタン さん
初ヨークシャープディングでした!シンプルな材料、作り方なので、うまく膨らんでくれるか心配でしたが、なかなかよい具合に焼き上がりました。シンプルだけど、ローストビーフとの相性はいうまでもなく、そのままでも美味しく頂けました。

by: なあな♪ | 2012.05.20 00:24 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

パステル・デ・エスピナカス・イ・ガンバ Pastel de espinacas y ganbas | HOME | ヴァニラケーク

このブログをリンクに追加する