インスブルッカー・トルテ
 2012.03.18 Sun
written by なあな♪
オーストリアのインスブルックの名前を冠したチョコレート・ケーキ。インスブルックは「イン川の橋」(ブルックはブリッジ)。その名の通りイン川沿いの交通の要所に古くから発達した街。旧市街にある黄金のこけら(シンデル)葺きのバルコニーが有名で、市内の老舗カフェ・ムンディングでは「シンデルン」というマジパンをアーモンドヌガーとチョコで挟んだお菓子が売られている(「シンドラーのリスト」のシンドラーは屋根葺き職人を由来とする姓)。イン川にちなむ最も有名なお菓子はエンガディン(イン川渓谷)地方のエンガディーナ・ヌストルテ(胡桃のタルト)だが、「マイスターのウィーン菓子」(八木淳司著)に「インスブルック風トルテ」が紹介されていたので作ってみた。
一見濃厚そうなチョコレート・ケーキなだが、アーモンド粉・ケーキクラム(飾りではなく中に使う)・ヴァイツェンプルファー(浮き粉に相当する小麦澱粉)が入るので、しっとりしながらほろほろと溶ける食感が印象的な一品。こちらのレシピでは入っていないが、オレンジピールなどフルーツの砂糖漬けを加えることもある。ザッハ・トルテと比べると軽めで上品な風味が良い。かなりおすすめのオーストリア菓子だと思う。
120318インスブルッカー・トルテカット
120318インスブルッカー・トルテ
16:00:33 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

バース・バン bath buns| HOME | ガトー・オ・ショコラブラン

このブログをリンクに追加する