ポジョ・アル・アヒージョpollo al ajillo
 2012.01.13 Fri
written by なあな♪
スペイン料理、鶏肉(ポジョ)のニンニク炒め。アヒージョは、料理用語としてはニンニク(=アホajo)風味のオリーブ油で炒めた料理のことで、付け合わせはフライドポテトが定番。
オリーブ油でニンニクを炒めたところに鶏肉を入れて焼き色を付け、白ワイン又はシェリー酒と水又はブイヨンとハーブ(タイム、ローリエ)を加えて蒸し、鶏肉に火が通ったら塩胡椒で味をととのえ、イタリアンパセリを絡めるのが基本。かつてはニンニクがゴロゴロと入る、相当に臭くて脂っぽいお料理だったよう。現代ではさすがに現地でも、ニンニクの量を減らしたり鶏肉をいったん取り出して脂を拭き取ったりすることが増えているようだ。
ヴィネガーやレモン汁で酸味を加えたり、チリパウダーで軽く辛味を足しても良い。シンプルながらも食べるほどに食欲が増すような、美味しい一品。バルのおつまみの定番だが、主菜としても十分に使える。
120113ポリョ・アル・アヒーリョ
23:05:40 | スペイン料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

パンいろいろ| HOME | ドマテス・チョルバス

このブログをリンクに追加する