ブレ・ア・ラ・リエジョワーズ
 2011.09.16 Fri
written by なあな♪
ベルギー料理、リエージュ風の肉団子。リエージュは、南部仏語圏ワロン地方の中心都市のひとつ。リエージュ風ワッフル(日本でお馴染みのタイプ)、リエージュ風サラダ、リエージュ風スペアリブなどその名を冠するお料理がある。
ブレ・ア・ラ・リエジョワーズは、揚げたり焼いたりした大型肉団子に、カソナード(赤砂糖)、シロ・ド・リエージュ(林檎・洋梨の果汁を黒いシロップ状に煮詰めたもの)、ヴィネガーなどで作る甘酸っぱい濃茶色のソースを掛けていただくお料理。シロ・ド・リエージュの風味がポイントになるが、日本では手に入りにくいので今回は林檎を煮詰めたところにザクロシロップを加えたものを使った。また、香草はセージを必ず使う。
フルーツの甘酸っぱいソースはお肉料理に合うことが実感できる料理だが、こちらのソースは豊かで奥行きのある味わいで魚介でも揚げものなどにも良さそう。ポンム・フリット(フライドポテト)を添えていだたく。
110916ブレ・ア・ラ・リエジョワーズ
00:09:16 | その他各国料理 | comments(2)
comment

HN変えました。特に意味はありませんが。

ヨーロッパのお肉料理はフルーツソースとの相性が抜群なものが多いですよね。
フライドポテトを添えるところがベルギーならではなんですね。
フライドポテトも、フランス語にするとオシャレな食べ物の雰囲気になりますね。
by: マチーキタ改めタルトタタン | 2011.11.08 17:39 | URL | edit

★タルトタタン さん
このところ、なかなか更新できていませんが、いつもコメント下さり嬉しく思います。
美味しそうなHNですね。
ちょうど、季節ですね。しばらく食べていませんが、タルトタタンを作ってみたくなりました。

このお料理に使ったフルーツソースで、スペアリブの煮込み(ベルギー料理)を、近々作ってみようと思っています。

by: なあな♪ | 2011.11.14 22:18 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

レーズンスコーン| HOME | サルシッチャ・エ・レンティッキエ

このブログをリンクに追加する