カラマル・マハシ
 2011.08.10 Wed
written by なあな♪
カラマル(烏賊)・マハシ(詰めもの)、マグレブ(北アフリカ地中海南岸地域)風の烏賊飯。アラブ世界の中では、マグレブはよく海産物を食べる方。中でもこのマグレブ風の烏賊飯は日本人にも食べ易い一品として知られている(都内チュニジア料理店でもメニューで見かけることがある)。詰め物はお米が多いのだが、挽肉・玉葱・ハーブなども使われる。中にご飯が入っているのにクスクスが添えられてきて、日本人の感覚ではビックリしてしまうこともある。トマトとサフラン風味で、烏賊のゲソも中身に加えて烏賊の風味を強調するとともに食感のアクセントにしている。香り高く味わい深くて食べ易い、変わり烏賊飯としておすすめ。
110810カラマリ・マハシ
01:06:15 | その他アラブ料理・菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

南瓜とセージのケークサレ| HOME | ゲフュールテ・グルケン Gefüllte Gurken

このブログをリンクに追加する