ピロシキ
 2011.07.03 Sun
written by なあな♪
日本人が知っているロシア料理として、ボルシチやベフ・ストロガノフとともにお馴染みの一品。しかし、やはりピロシキも他の二つと同様、日本ではユニークな解釈をされているように思う。
ロシア料理には「ピローク」という、パン生地でおかずを包んで焼いた料理があり(フランス料理ならフラミッシュに相当)、このピロークの指小系がピラジョーク、そしてピラジョークの複数形がピロシキになる。
現地では揚げるピロシキもあるが、焼きタイプが主流。また、春雨は加ない。春雨入りピロシキは、満洲の引揚者がロシア料理と中華料理を混ぜて作ったオリジナルと言われる。
今回作ったのは、焼きタイプで、餡は代表的な組み合わせのひとつである「挽肉・玉葱・キャベツ」にしてみた。
110703ピロシキ
00:36:55 | ロシア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ミートボールとインゲンのケーク・サレ| HOME | バルト風鮭のスープ

このブログをリンクに追加する