フォカッチャ@酒粕ヨーグルト酵母
 2011.03.06 Sun
written by なあな♪
イタリアの平たいパン。語源はラテン語のフォカス(炉辺、炉床)。ラテン語が生きた言葉だった時代は、文字通り炉辺の灰の中で焼いていたところからの命名。生地にオリーブ油を入れるだけでなく、表面にもオリーブ油を塗ってから焼く。そのため表面がカリっとして中もサクサクになる。また空気抜きの穴を開け、ぷっくりと膨らまずに平たくなるようにするのも特徴。
110306フォカッチャ
14:09:22 | パン(自家製酵母) | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ペッシェスパーダ・アラ・グリリア pesce spade alla griglia | HOME | プチグラハムパン@酒粕&ヨーグルト酵母

このブログをリンクに追加する