スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
パォン・デ・ロー・デ・オヴァール
 2011.02.25 Fri
written by なあな♪
パォン・デ・ローはポルトガル各地で食べられている、卵と砂糖と少しの小麦粉だけで作られるケーキ。卵と砂糖と粉の配合、焼き方(半生~焼き)、形(丸や四角など)に様々なバリエーションがある。特にポルトの南のオヴァールで食べられているパォン・デ・ロー(半生が特徴)が日本のカステラの味に近いとして「パォン・デ・ローはカステラの元祖」と紹介されることが多いが実際の起源は不明。最近は日本でも「半熟カステラ」が人気。
今回は、「家庭で作るポルトガル料理」(丹田いづみ著)を参考にして、卵:砂糖:小麦粉=1:0.4:0.13で、全卵1個に対し卵黄3.5個と卵黄の割合が多い配合で中身が半生になるように焼き上げた。
香り付けはポルト酒の他、ラム酒、ブランデーなどでも。レモンを少々加えるのもお薦め。外側のスポンジは香ばしく(冷蔵庫で1日おくと、とてもしっとり)、中はねっとりとろける甘くて濃厚な卵の風味が存分に楽しめる。日本人の嗜好に合った美味しいポルトガル菓子だと思う。
110225パォン・デ・ローカット
110225パォン・デ・ロー
00:35:47 | ポルトガル料理・菓子 | comments(2)
comment

半熟カステラの本家はこちらだったんですね。

半熟カステラ、なんだか飽きが来そうで未だに食べたことがないのですが、これは美味しそう♪

でも冷蔵庫で11日置いちゃいかんと思うよ(^^)
by: じゅんのすけ | 2011.02.27 19:16 | URL | edit

★じゅんのすけ さん
半熟カステラ、とても美味しかったですよ。お店で買ったものも美味しかったけれど、シンプルな材料と作り方なので、これからは自家製で楽しめそうです。卵白が沢山余りますが…。

> でも冷蔵庫で11日置いちゃいかんと思うよ(^^)
あ、気付かなかった!半生ケーキだから、そんなに置いたらえらいことになりますね。ご指摘ありがとう。訂正しときます。
by: なあな | 2011.02.28 00:32 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

オートミールロティ@酒粕&ヨーグルト酵母| HOME | 全粒粉ロール@酒粕&ヨーグルト酵母

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。