スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
アル・キーマ
 2011.01.14 Fri
written by なあな♪
インド亜大陸北部の料理、ジャガイモ(アル)と挽肉(キーマ)のスパイス炒め煮。キーマ・カレーはもはやカタカナでも通じるくらい日本でもお馴染みの料理になっている。ただし日本でよく見かける鶏肉使用でマタル(グリーンピース)を加えるというパターンは現地では少数派。イスラム圏では羊か山羊か牛肉、ヒンドゥー圏では羊か山羊肉が基本で、野菜は豆の他にジャガイモもよく使われる。
スパイスは、ホールは黒胡椒が特徴的(他にカルダモン、クローヴ、クミン、コリアンダー、シナモンあたりを好みで)。パウダーはターメリックとチリとガラムマサラなど、あとはにんにく生姜ペースト。そこに玉葱とトマトで野菜が加わる。ナンやロティなどのインディアン・ブレッドと合わせることが多い(写真はオートミールや全粒粉たっぷりのオリジナルロティ)。スパイスの風味と野菜の旨味をたっぷりと吸った挽肉が堪らない、手軽ながらなかなか美味しい南アジア料理。
110114アル・キーマ
1. フライパンに油を熱し、みじん玉葱を加えて黄金色になるまで炒めたらホールスパイスを入れる。
2. スパイスの香りがたってきたらニンニク生姜ペーストを加える。
3. 馴染ませたら挽肉を入れて色が変わるまで炒める。
4. みじんトマト、ヨーグルト、パウダースパイス、塩、かぶるくらいの水を入れて蓋をして強火で煮込む。
5. ドライになってきたらジャガイモと水を加えて弱火で煮込む。
6. ジャガイモに火が通ったら、ガラムマサラと塩で味を調え、香菜を飾って出来上がり。


23:56:00 | インド料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ほうれん草とベーコンのケーク・サレ| HOME | トルタ・ディ・リーゾ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。