ポジョ・エン・ペピトリア Pollo en pepitoria
 2010.10.17 Sun
written by なあな♪
スペイン料理、鶏肉(ポジョ)のペピトリア・ソース煮込み。
カタルーニャ料理の基本ソースのひとつに、ピカーダ・ソース(ローストアーモンド・ニンニク・サフランなどをすり潰したもの)があり、主に魚介系のパエリアや煮込みなどに使われてきた。このピカーダ・ソースに茹で卵の黄身を混ぜ込んだものがペピトリア(ごちゃまぜ)・ソース。鶏肉をこのソースで煮込む料理はイサベルⅡ世女王(19世紀)の好物だったとされ、その治世中にスペイン全土に広まったと言われている。
ソテーした鶏肉を茸類とともにペピトリア・ソースとシェリー酒で煮込んでいる。香り高くコクのあるソースが絡まった柔らかい鶏肉は思いのほか上品で贅沢な味わい。パンやサフラン・ライスと合わせてどうぞ。
101017ポジョ・エン・ペピトリア
23:37:20 | スペイン料理 | comments(2)
comment

上に散らしてある白いのはなーに?

ゆでたまごの白身のよーな・・・
by: じゅんのすけ | 2010.11.02 22:10 | URL | edit

★じゅんのすけ さん
ピンポーン!正解でーす。ゆで卵の白身です。
ソースには黄身だけ使うので白身が余るのです。

by: なあな | 2010.11.02 23:50 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

無花果のクランブルタルト| HOME | パンヌクック pannekoek

このブログをリンクに追加する