スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ステック・アッシェ
 2010.09.25 Sat
written by なあな♪
フランス家庭料理、ハッシュド(粗引き)ステーキすなわちフランス風ハンバーグ。日本でハンバーグあるいは肉団子というと、(1)細かく挽いた(2)合挽きのお肉に(3)パン粉などのつなぎを加えるのが一般的だが、これは実はかなりユニークな存在。世界的には、(1)粗挽きの(2)一種類のお肉で(3)つなぎは使わないハンバーグ(肉団子)が主流。つなぎは時に使っていることもあるが、(1)と(2)は常識といってよいほど。ステック・アッシェも原則として赤身牛肉の粗引きだけ。
付け合わせはポンム・フリット(フライド・ポテト)が定番。ハンバーグにフライドポテトというのは米国風と感じる方が多いかもしれないが、ファストフードはステック・アッシェのような欧州家庭料理を簡略化したもの。
お肉は、今回は薄切り肉をフードプロセッサーで粗挽きにして使用。ソースは無しという場合もあるが、ソース・ヴァン・ルージュ(赤ワインバターソース)をたっぷりとかけてみた。
しっかりと食べ応えのあるステック・アッシェに、香り高いソースが良く合う。ステーキ用のお肉を買うよりも安上がりに「お肉を食べた!」という満足感を十分に味わうことができる、お薦めの料理。
100925ステック・アッシェ
参照レシピ:フランス ふだんのおそうざい―かんたんレシピとワインとチーズ
01:07:04 | フランス料理 | comments(4)
comment

なるほど~です。
この料理がファーストフードの原型だったんですね!
今まで海外でハンバーグステーキを見かけることがなかったのですが、ちゃんとこうして家庭料理として存在するんですね。
外ではハンバーガーになっちゃってるんでしょうね。
フランスのある地方では鴨の脂で揚げたフライドポテトがあると聞いたことがありますが、なんとも贅沢なこのフライドポテトを一度食べてみたいものです。
by: マチキータ | 2010.09.28 13:32 | URL | edit

★マチキータさん
お返事遅くなりました。
鴨の脂で揚げたフライドポテト、どんなお味なのでしょう!コクがあって風味も違うのかしら?
鴨の脂といえば、鴨のコンフィは中温に熱した鴨の脂で長時間煮るお料理ですが、私は好きで、一時期レストランでよく頼んでいました。良く覚えていませんが、ジャガイモが添えてある場合もあったような…。鴨の脂で調理されたものかは分かりませんが。鴨のコンフィは調理済みのものを通販などでも買うことができるようですが、付着している脂でジャガイモをソテーすると美味しいそうですよ。

by: なあな | 2010.10.04 00:57 | URL | edit

鴨脂でソテーしたジャガイモ美味しそうですね♪♪
でも日本ではあまり鴨の脂は流通してないですよね。
あっても高めだったり。
フランス人がよく言う、鴨脂は体にいい節が本当なら、その脂で調理したじゃがいもをいくら食べても罪悪感がなくなりそうです。
by: マチキータ | 2010.10.05 14:17 | URL | edit

★マチキータさん
鴨の脂は、家庭用ではなかなか入手できないかもしれませんね。
鴨脂が体にいい、というのは初めて聞きました。○○オイルがよいとかという話もよく
聞きますが、やはりあぶらはあぶら、摂り過ぎには気を付けたいものです。


by: なあな | 2010.10.11 23:59 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

フランクフルト風リプヒェン| HOME | タス・ケバブ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。