カルトッフェルプッファー・ミット・ロイヒャーラクス
 2010.09.15 Wed
written by なあな♪
ドイツ料理、ジャガイモ(カルトッフェル)のパンケーキ(プッファー)のスモークサーモン添え。プッファーは英語のバッファー(緩衝)。弾力のある食感からパンケーキもプッファーと呼ばれる。ドイツではジャガイモのパンケーキはカルトッフェル・クーヘン(ケーキ)、ライベ(すりおろし)・クーヘンなどとも呼ばれる。生のジャガイモを粗く摩り下ろして、卵や玉葱を加えてたっぷりの油で揚げ焼きにするのが特徴。リンゴのピュレをかけていただくのが最もポピュラーな食べ方だが、サワークリームやクヴァルク・チーズを添えることも多い。また海沿いの地方ではロイヒャーラクス(スモークサーモン)やロールモプス(酢漬けニシン巻)を添えたりする。
デリカダイレクトはせべ」のスモークサーモン2種と、サワークリーム・マスカルポーネチーズ・ディルを混ぜた自家製クリームを添えてみた。もちっとした食感のジャガイモのパンケーキと深みのあるスモークサーモンは相性抜群。
100915カルトッフェル・プッファー
00:27:57 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

かぼちゃのサブジ| HOME | ワッタッカ・ウェンジャナ

このブログをリンクに追加する