スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
カーティム・ヌォン・ハィンラー
 2010.08.27 Fri
written by なあな♪
ベトナム料理、焼き(ヌオン)茄子(カーティム)の青細ネギ(ハィンラー)油がけ。ベトナム南部家庭料理の定番のひとつだが、レストランのメニューでもよく見かける。
インド原産の茄子の利用の歴史は古く、ベトナム語で茄子はもともと「カー」だったが、新大陸由来のトマトを「カーチュア(酸っぱい茄子)」と呼んだため、茄子の方も「紫の茄子(カーティム)」と名前が変わってしまったようだ。
「焼き茄子のネギ油がけ」は中華料理や日本料理でもありそうな感じだが、ヌクチャムという甘酢ダレ(ヌクマム・チャイン(=マナオ、日本ではスダチで代用)・赤唐辛子・ニンニク・砂糖を混ぜた甘酢タレ)をかけ、黒胡椒を振るとたちまちベトナム料理に変身する。適度に油を吸った茄子に、さっぱりとしたヌクチャムの風味がよく合う。焼き茄子以外にも「焼き貝のネギ油がけ」も有名。ヌクチャムは茄子以外の野菜のお浸しなどにも相性が良いので、是非お試を。
100827カーティム・ヌオン・ハィンラー
参照レシピ:ベトナムおうちごはん
00:19:49 | ベトナム料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

バップ・サオ・トムコー| HOME | 貴婦人の太もも(カドゥン・ブドゥ・キョフテ)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。