スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
パン・デピス
 2010.08.13 Fri
written by なあな♪
中東欧地域で古くから食べられている、香辛料たっぷりのスパイシーなケーキ。フランスではブルゴーニュ(ディジョン)、シャンパーニュ(ランス)、ロレーヌ(ナンシー)などの北東部の伝統菓子として有名。ドイツではヘーニッヒ・クーヘン、オランダではクラウドクック又はオンバイトクック、イングランドではジンジャーブレッドと呼ばれる。アルザスのベラベッカ、スイスのバーゼル風レッカリーなども同類と言えるだろう。
原型は、アラブ菓子が北海経由でフランドルに伝わったとも中国菓子がモンゴル経由で東欧に運ばれたともいわれ、フランスへは14世紀末にフランドルの王女がブルゴーニュ公国に嫁いだ際にもたらされたという説が一般的。
粉(小麦粉とライ麦粉)と甘味調味料(黒砂糖や蜂蜜)とスパイスやドライフルーツを均一に混ぜて焼くだけというシンプルなレシピ。古い歴史を反映してバリエーションも豊富。今回使用したスパイスは、シナモン、ジンジャー、ナツメグ、クローブ。ドライフルーツはオレンジピールで、卵やバターは使っていない。黒っぽいケーキを一切れ口に入れると、歯にまとわりつくようなネッチリとした食感にスパイスの複雑な香りが広がる。欧州伝統菓子らしい素朴な味わいを楽しめると思う。
100813パン・デピス
参照レシピ:パンとお菓子の本私のフランス地方菓子 新版
23:42:22 | フランス菓子 | comments(8)
comment

歴史が感じられるパン(菓子?)ですね。
はちみつが入っているということは、養蜂の技術がかなり昔からあったということなんですかね。
スパイスが香るもっちりネチネチ系ならきっと私の好みです。 
私も秋に入ったら作ってみます~~
by: マチキータ | 2010.08.20 10:52 | URL | edit

★マチキータ さん
パン・デピスは、レシピも様々で、バターや卵が入ったリッチなタイプもあるようです。
レシピによって、仕上がりが違ったケーキになると思います。
今回のレシピは、とてもシンプルで、作業も簡単、生地作りはあっという間でした。
また、別のレシピでも作ってみたいと思っています。

はちみつの歴史、こんなサイトがありました↓
http://bee.lin.gr.jp/bee/history/index.html

by: なあな | 2010.08.26 00:30 | URL | edit

貴重な情報ありがとうございます。
そうだったんですね!!
蜂蜜って人類が最初に口にした甘味料なのかもしれませんね。
一番初めに蜂蜜を採った方はとても勇気がありますね!
by: マチキータ | 2010.08.27 15:26 | URL | edit

こんにちは。
このお菓子は、ナンシーでは特にサン・ニコラに食べられるんですよ~。サン・ニコラのお祭りの日の前になると、義母がナンシーから孫に送ってくれます。薄く焼いて、聖二コラの絵が描かれた紙といっしょに包まれていて、わたしも大好きで、夫と取り合って食べています(笑。
サン・ニコラは12月6日あたりの日曜日です。今ではクリスマスが主流になってきましたが、昔はロレーヌでは聖二コラのお祭りのほうが祝われていたのですって。聖二コラは、子供の命をよみがえらせた聖人で、この日、昔子供たちは、プレゼントをもらったり、このお菓子をもらったりしたそうです。
なあなは、昨日はお誕生日でしたね。お誕生日、おめでとう!一日遅れでごめんなさい。
by: Mimi | 2010.08.29 21:13 | URL | edit

★マチキータさん
蜂蜜の歴史なんて、これまで気にとめることもなかったのですが、マチキータさんの疑問から、
私も検索して色々な情報を見つけました。こちらこそありがとうございます!
私は、スーパーで買った手頃な蜂蜜を使いましたが、今は様々な種類が(お値段も)ありますね。
蜂蜜をたっぷりと使うパン・デピス、使用する蜂蜜によっても風味が違ってくるのでしょうね。
by: なあな | 2010.09.01 00:27 | URL | edit

★Mimi ちゃん
お忙しい中コメント&お誕生日のことありがとう!
そして、ナンシーのパン・デピスについての情報も!!とても参考になります。ナンシーのものは、薄く焼かれているのですね。
サン・ニコラのお祭りは、子供たちにとって大事なお祭りなのでしょうか?聖ニコラは、サンタクロースのモデルとされているみたいですね。また、現地ならではの色々な話題を楽しみにしています。
そうそう、マカロンですが、以前作ったことあるのはアミアン風でした。いつか、ナンシーのマカロンも作ってみたいと思っています。



by: なあな | 2010.09.01 00:51 | URL | edit

遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。
お子さんがいるとなかなか自分には構えなく慌ただしく日々が過ぎていくと思いますが、
それでもお誕生日は特別ですよね。

週末にパンデピスを作ってみました!
やはり好みの味でした。
バターが入らないと、ついつい油断して量を食べてしまいます。
しばらくはまりそうです。
by: マチキータ | 2010.09.06 11:32 | URL | edit

★マチキータさん
> 遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。
ありがとうございます。あまり実感なく過ぎてしまいました。ケーキでも作りたいと思ったのですが、
もう少し涼しくなって、時間に余裕があれば楽しめたらと思います。

> 週末にパンデピスを作ってみました!
> やはり好みの味でした。
> バターが入らないと、ついつい油断して量を食べてしまいます。
お好みの味で、よかったですね。バターは入らないものの、甘みはしっかりありますものね。
by: なあな | 2010.09.10 00:28 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

リンブルフ風ズール・ヴレース| HOME | コーングリッツパン

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。