アル・カウリ
 2010.03.11 Thu
written by なあな♪
ネパ-ル料理、ジャガイモ(アル)とカリフラワー(カウリ)のスパイス炒め。
インド北部で食べられているアル・ゴビが伝わったもの。カリフラワーやブロッコリーがインドに伝わったのは19世紀と比較的最近。ブロッコリーは定着しなかったが、カリフラワーはインドやネパールで冬野菜の定番になっている。
ジャガイモ、カリフラワーにトマトも少し加えることが多い。スパイスはクミンシード、みじん生姜、アドワ・ラッスン(ニンニク・生姜ペースト)、ターメリック粉、チリ粉、コリアンダー粉などが基本。カリフラワーによく味をしみ込ませるのがポイント。ご飯とダルに合わせれば冬の立派なネパール定食(ダル・バート・タルカリ)になる。
写真下は、ムルグ・ティッカ
100311アル・カウリ
100312アル・カウリとムルグ・ティッカ
00:12:17 | ネパール料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

ライ麦入りベーグル| HOME | バカラオ・ア・ラ・シードラ

このブログをリンクに追加する