クル・キョフテ
 2009.07.10 Fri
written by なあな♪
トルコの肉団子料理。クル=乾燥、キョフテ=肉団子。揚げで乾いた感じという意味になる。
トルコ料理は肉団子の種類も豊富。ウズガラ・キョフテ(平たくしてハンバーグのように焼くキョフテ)、チー・キョフテ(生肉と挽き割り小麦のキョフテ)、イズミール・キョフテ(トマトソースで煮込むキョフテ)、イチリ・キョフテ(衣を付けて揚げるキョフテ)など、さすが世界三大料理のひとつだけ言われるだけあって、バラエティに富んでいる。
クル・キョフテはつなぎとしてパンを入れ、味付けはクミンとイタリアンパセリが特徴。からっと香り良く揚がったキョフテにレモンを絞っていただく。付け合わせのフライドポテトも定番のようだ。
ちなみにクル・キョフテにも種類があり、平たくしてお米を入れてふんわりさせればカドゥンブドゥ・キョフテ(貴婦人の太ももというユニークな名前)になる。
090710クル・キョフテ
14:22:47 | トルコ料理 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

鯛のサフランスープ| HOME | イマーム・バユルドゥ

このブログをリンクに追加する