ヨモリ
 2009.05.17 Sun
written by なあな♪
ネワール族(カトマンズ周辺に住む少数民族)の祭礼菓子。ヨ(好き)モリ(蒸しパン)。NHK「アジわいキッチン」のサンサール(ウルミラさん)、「ネパール家庭料理入門」(山田英美著)のレシピなどを参考にした。
大満月(12月の満月)や、子供の誕生日(1歳・2歳・4歳・12歳)に食べるもので、誕生日の場合には、年齢の数だけ作って首輪状につなげて子供にかけてお祝いをするそう。
黒糖・ゴマ・ナッツ・フルーツなどの餡を米粉生地(今回は上新粉使用)で包んだお団子で、尻尾のような細い突起が出た独特の形が特徴。細い突起は長いほど良くて、「子供が大きくなるように」「背の高い人と結婚できますように」という意味が込められているのだとか。
伝統的な祭礼菓子らしい素朴な味わいだが、黒糖の豊かな甘みにゴマやナッツの香ばしくカリカリとした食感とコクが加わり、想像以上の美味しさ。日本人には食べやすい、おすすめのエスニック菓子だと思う。
090517ヨモリ
00:21:18 | エスニック菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

マリレン(アプリコ-ゼン)・シュトロイゼル・クーヘン| HOME | ククラ・ラ・ムラ・コ・タルカリ

このブログをリンクに追加する