マクルーバ
 2009.04.11 Sat
written by なあな♪
アラブの炊き込みご飯。マクルーバはアラビア語で「ひっくり返す」。鍋で炊いたご飯・お肉・野菜をひっくり返してお皿に盛ることから名付けられている。おもてなし料理の定番のひとつ。
骨付きの鶏肉(又は羊肉)をたっぷりのスパイスと一緒に茹で、そのブイヨンでご飯を炊くというのが特徴。茹でたお肉と野菜(素揚げしておく)も一緒に炊き込む。使用したスパイスは、玉葱・ベイリーフ、ホールスパイス(シナモン・赤唐辛子・生姜・カルダモン種・コリアンダー種・粒胡椒)、パウダースパイス(カルダモン・クローヴ・シナモン・ナツメグ・チリ)。現地ではマクルーバ用のミックススパイスも売られているそう。
作り方は、長粒米(今回はタイ産ジャスミンライスを使用)と素揚げした野菜類(ジャガイモ・ニンジン・茄子・玉葱、ニンニク)をスパイス(カルダモン粉及び種・サフラン)とともに層になるように炊飯器の内釜に重ね敷いて、チキンブイヨンを注いで炊いている。炊きあがったら大皿にひっくり返して盛り付け、揚げた松の実・カシューナッツをトッピングして出来上がり。
何と言ってもカルダモンの甘い香りが印象的。シナモン・クローヴなどの清涼系スパイスも入る中東らしい風味。鶏肉の旨みをたっぷり吸いこんだご飯と野菜もパラリと炊きあがった。お焦げを作るのもポイント。アラブを中心にヨーロッパからアジアまで見られる「チキンブイヨンで炊きこむ混ぜご飯」の中でも豪華で美味しい一品。
090411マクルーバ
090411マクルーバカット
参照レシピ:NHKアジわいキッチン
16:23:59 | その他アラブ料理・菓子 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

チョコチップビスケット| HOME | ヤイラ・チョルバス

このブログをリンクに追加する