スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
サンセバスチャン
 2016.08.24 Wed
written by なあな♪
160825サンセバスチャンケーキ
スポンサーサイト
20:57:50 | その他菓子 | comments(0)
ノルマ風パスタ Pasta alla Norma
 2016.08.21 Sun
written by なあな♪
シチリア島カターニアの郷土料理、揚げ茄子入りのトマトソースパスタ。ノルマは地名や人名ではなく、カターニア出身の大作曲家ベッリーニの代表作であるオペラ「ノルマ」に由来する。カターニア出身の映画監督ニノ・マルトーリオが、友人の姪に振舞われたパスタを絶賛して「これはまさにノルマ(のように完璧)だ!」と言ったことから、ノルマという名前でこの料理が広まったとされている。
パスタの種類はスパゲッティでもマカロニでもよい。細かく切った揚げ茄子を入れる他は基本のトマトソースで、そこに揚げ茄子を乗せ、リコッタ・サラータ(シチリア名産の「塩漬けリコッタ」)をたっぷりと散らせば出来上がり。リコッタ・サラータは手に入り難いので、リコッタ(カッテージでも)とパルメジャーノを混ぜることで代用で可。オリーブ油を吸った揚げ茄子とチーズのコクと旨味のおかげで、お肉が無くても満足感がある。
トマト、茄子、オリーブ油、リコッタ、バジルという組み合わせは、いかにも陽光降り注ぐ夏の南イタリアらしい感じがする。もちろん、日本の夏にもよく似合う、大変美味しいパスタ。
160821ノルマ風パスタ

 続きを読む

01:01:24 | イタリア料理 | comments(0)
ピオ・ノーノ pionono
 2016.08.15 Mon
written by なあな♪
スペイン南部アンダルシア地方の郷土菓子。ピオ・ノーノはイタリア語でピウス9世(ピウス・ノウェム)のこと。甘いもの好きとしても知られているピウス9世が教皇帽を被った姿を象ったお菓子。19世紀後半にグラナダ郊外サンタフェで作り始められた。教皇がこの地を訪問したためではなく、ピウス9世がスペインで特に信仰されていた無原罪懐胎(注)を1854年に公認したことを受けてのこと。
ミニロールケーキを立てて、帽子に見立てた卵黄クリームを乗せてカラメリゼすれば出来上がりです。近年は、チョコ味や蜂蜜味などバリエーションも増え、またカラメリゼしないこともある。今回は卵黄クリームではなく、ロールケーキの中身と同じカスタードクリームを乗せ、カラメリゼもしていない。
尚、中南米ではピオ・ノーノはカラフルに飾り付けをしたロールケーキを指す。甘くない生地にハムやチーズや茹で卵を巻いた食事用のピオ・ノーノも食べられている。
(注)無原罪懐胎:聖母マリアは、イエスを処女懐胎した際に原罪が清められたのではなく、その存在の最初から、すなわちマリアの母アンナがマリアを宿した瞬間から原罪を免れていた、という主張。聖母信仰の強いスペインでは特に信じられていたが、否定する宗派も多い。
160815ピオ・ノーノ
00:55:20 | スペイン菓子 | comments(0)
パスティッチョ・フェラレーゼ Pasticcio Ferrarese
 2016.08.14 Sun
written by なあな♪
イタリア伝統料理、フェラーラ風パスティッチョ.。パスティッチョ・ディ・マッケローニ(マカロニ入りパスティッチョ)とも呼ばれる。パスティッチョは「ごちゃませ」「でたらめ」といった意味合いの言葉。挽肉とマカロニと茸とベシャメルソースを混ぜ合わせた餡をドーム状に盛り、パイ生地で覆って焼いたもの。本来は甘いパイ生地を使うのが、現在は塩味のパイ生地で覆うことが増えてきている。
フェラーラと言えばエステ家の本拠地として有名だが、15世紀のエステ家の饗宴の記録にも出てくる料理だとか(16世紀の有名なエステ家の料理人メッシスブーゴ以前の料理と言われている)。そのため、18世紀にようやく使われるようになった新大陸由来のトマトは入れない(所謂ラグー・ビアンコ)。ギリシャに伝わって、パイ生地が消えた中身だけの料理になっている。
イタリア他地域でも、「挽肉・マカロニ・ベシャメルソース」のグラタンがパスティッチョと呼ばれることもあるが、中身だけでも美味しい。もちろん原典通りにパイ生地で覆えば更に満足感を味わえる一品料理。
(注)音楽用語では特定テーマで複数の作曲家の作品をつなぎ合わせた曲のこと。
160814パスティッチョ・フェラレーゼ中身

 続きを読む

00:49:02 | イタリア料理 | comments(0)
| HOME |

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。